サスティナブルなギフトを選ぶ3つの方法

 1年の中で誰もが待ち遠しく思うホリデーシーズン。クリスマスや年末年始に大切なひとへ贈り物をしたり、自分へのご褒美を買う人は多いのではないでしょうか。便利でオシャレなモノが沢山ある中で、大切なひとへのギフトこそ、人や環境を大切にするサスティナブルなモノを贈りませんか?

 

 

サスティナブルなギフト

 サスティナブルとは「持続可能な」という意味。自然を壊すことなく、資源の消費をなるべく減らす環境に配慮した行動を指します。地球温暖化や大雨などの気候変動は、私たちの恵まれた生活の裏側で引き起こる深刻な環境問題です。人も環境もずっと豊かであり続けられる為に、私たちの消費が未来のどんな良いことに繋がるのか。ここでサスティナブルなギフトを選ぶ3つの方法をお提案します。

 

 

 

1. 体験をギフト

 モノを贈るのではなく、特別な体験を贈るのは如何でしょうか。

 

 

思い出が一生残るギフト

旅行やライブなどいつまでも色あせない思い出は、持続可能な思い出です。

 

 

相手の好みに合わせることが出来るギフト

LINEチケットなど電子クーポンは、自分の好みで選ぶことが出来ます。

 

 

日頃出来ない体験をギフト

なかなか自分では行かないエステやマッサージは贅沢な時間を過ごせます。

 

 

 

2. 環境に配慮したモノのギフト

 商品が生産され購入から廃棄に至るまで、自然環境や社会環境にどのような影響を与えているのか。ブランドストーリーを知り、良質なモノを選びませんか?

 

 

エネルギー消費や廃棄・廃液が少ないモノのギフト

私たちがオシャレを楽しむファッションは特に資源の消費が多いとされており、年間では下記の負担が伴います。

CO2排出量 … 年間約90,000Kt

服1着あたりペットボトル(500ml)約255本製造分

 

水消費量 … 年間約83億ⅿ³

服1着あたり浴槽約11杯分

 

端材等排出量 … 年間約45,000t

服約1.8億着分

 

天然素材やリサイクル素材を使用すること。

発電や燃料は出来るだけ少なくすること。

エコな生産は環境の負担を減らします。

 

 

 

フェアトレード(公平な取り引き)商品のギフト

私たちが美味しく食べている、コーヒーやチョコレートの多くは発展途上国で作られており、アパレルやプロダクトも海外からの輸入品ばかりです。安価なモノの背景には途上国での劣悪な労働環境が在り、社会みんなが持続可能で公平な労働環境であるべきです。

 

 

少量生産品のギフト

大量生産が引き起こす、売れ残りやセールは大量廃棄の原因になります。必要最低限の在庫や、受注生産品を選ぶことはロスを少なくします。

生産工程にどのような工夫があるのか。SDGsへ積極的に取り組む企業は多く、自然環境や社会環境に配慮したブランドを知ることが必要です。

 

 

 

3. 実用的なモノのギフト

 せっかくなら、使って貰えるギフトを選んでみるのは如何でしょうか?ライフスタイルを想像し、繰り返し使って貰えたら価値のあるギフトではありませんか。

 

 

流行に左右されないデザインのギフト

 ワンシーズンだけのモノ。トレンドが終わり、飽きがくるデザイン。インスタ映えなどヴィジュアルだけにこだわったデザイン。その一時だけ役目を果たすモノではなく、長く使えるデザインであることは実用的で持続可能なデザインであるでしょう。

 

 

生活用品をプレゼント

 洗剤などのキッチングッズや石鹸などのバスグッズは日常生活に欠かせません。必ず使う目的があるギフトは貰ったら有難いプレゼントです。

 

 

サスティナブルなリリクルーレ

 メガネで、メイクする。をコンセプトにしたひとにも環境にも優しいサスティナブルなメガネです。

上下に隙間を空けたアイシャドウのようなレンズは、かけるだけでアイメイクが完成。メイク手間はゼロ。更にUV効果やモニターなど眩しい光から目を守るレクアメッシュコーティングも施された、目元ケアも出来るメガネです。消費していくコスメとは異なり、リリクルーレがあれば繰り返しメイクが可能です。

また、レンズ染色は「気相転写」という独自のレンズ染色技術を使用しています。

従来のカラーレンズでは、年間約12,0000リットル出てしまう廃液も気相転写では約10リットルまで抑えることが可能、そして消費電力は76%カットされ環境への負担が削減されたサスティナブルな生産技術です。

この特別なシーズンにリリクルーレでサスティナブルなギフトを贈るのは如何でしょうか?